後遺障害と後遺症の違いとは?

交通事故では非常に多くの方が通常の怪我だけでなく、生涯にわたって体に残って行くような後遺症を来すこともあります。
交通事故で引き起こされた後遺症は、如何にもスムーズに加害者の方に損害賠償が出来そうな気がしますよね。
しかし、後遺症で適切な慰謝料を請求して行くのであれば、後遺症のままでは処理が進むことは無いと言えるでしょう。
これは一体どういう事かと言いますと、後遺症は自賠責上における後遺障害に認定されなければ満足な補償が受けられることは少ないのです。

つまり、後遺症と後遺障害と言うのは全く定義が異なることになり、この点は非常に多くの方が誤解される部分と言えるでしょう。
また、すべての後遺症が後遺障害として等級認定されるとは決して限らず、実感として得られる症状は存在しているのに治療対象として保障されない被害者にとって大きなジレンマとなります。

自身の後遺症を後遺障害と認定してもらう大きな流れとしては、医療機関で症状改善のための治療を行ってその後症状がこれ以上は良くならないと言う事を医師に証明してもらわなければなりません。
もちろん、後遺障害の認定を被害者が単独で行うのは現実的ではなく、通常は法定代理人を通して処理が進められることになるでしょう。
後遺障害の等級と主な症状は自賠責の等級表に明確に記載されていますが、ここでしっかりと認定してもらっていないと将来的な慰謝料の金額に大きく影響して行きますので気を付けたいものです。